両手取引について

K子さんが結んだ方法は、専属媒介契約です。

この契約が悪いわけではありません。

しかし、不動産会社は両手取引を取りたがっているのです。

なぜかというと、

両手取引の場合は、不動産仲介業者は、K子さんの場合最終的に2750万円で契約が成立したので、売主であるK子さんから、3%+6万円の手数料をもらえます。また、買い主からも、不動産仲介業者は、3%+6万円もらうことができるのです。

K子さんの査定金額 32,500,000円 ⇒ 指値 500万(売主からの値引き)⇒ 売却金額 27,500,000円

K子さんからの手数料 (27,500,000円×3%+60,000)×8% = 955,800円

買い主からの手数料 (27,500,000円×3%+60,000)×8% = 955,800円

※ 消費税率8%の場合

不動産会社は、両方もらえるから、両手取引と言います。

不動産会社にとっては、1件の取引で倍の手数料がもらえ、また、売主と買い主両方自社で管理できるので、とてもお得なのです。

ここで、一つ不動産会社のきまりについて説明したいと思います。

専属媒介契約を結んだら、レインズという、宅地建物取引業法に基づいた不動産ネットワークに不動産が売りに出されたという情報を掲載しなければなりません。

レインズに掲載された物件は、レインズに加盟しているすべての不動産会社が閲覧して、情報を共有することができます。

しかし、もし、不動産会社が、この両手取引を取りたいために、他社から、問い合わせがあった物件に対して、

「今、客がついているので案内できません」と断って、自社で両手取引を獲得しようとしていたら?

以上で説明した内容が、主に不動産業界でグレーゾーンとして、週刊ダイヤモンドなどにも取り上げられて問題になっている内容です。

● 不動産の囲い込み

● 干す(RAINSには登録したが広告不可にしておく)

● 値こなし(売値を大きく下げる)

 

K子さんの後悔していること

● 1社にしか依頼しなかったので、2750万円という売れた金額が妥当かどうかわからずもやもやしている。

2,750万円という金額が本来の適正価格だったかもしれません。しかし、最初に高く査定金額が出たので、K子さんと不動産仲介業者の間に誤解が生じている点が問題です。

● もっと早く自宅の売却が進んでいたら、欲しい部屋が購入できたのに、売却できた時には、すでにその部屋は売れていた。

エリアや氏名などは変えていますが、金額は実際に取引された金額を提示して、初心者の方でも感覚をつかめるように記載しております。

⇒ プロが教えるマンションを高く売る方法


カテゴリー

人口減少、家余り問題を解決! イエウール

ブログランキング

ブログランキングに参加しております。
おもしろい、役に立ったと思っていただけたら、ポチッと応援お願いいたします。

 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
 

にほんブログ村 住まいブログ 分譲マンションへ

アクセスカウンター

  • 612911総閲覧数:
  • 411今日の閲覧数:
  • 2310昨日の閲覧数:
  • 16895先週の閲覧数:
  • 39741月別閲覧数:
  • 250692総訪問者数:

東急沿線の注目マンションは?

マンションを貸して不労所得